21Dec
2019
0
Picture 1

  Pre-Kクラスのライティングの授業では、Writing Programに沿って、アルファベットと数字を書く練習を行っています。

この写真は、ワークブック(「My First School Book」)の中の、Magic Cという手法を使って「アルファベットの大文字G」を練習しているところです。子ども達はクレヨンを正しく握り、姿勢よく椅子に座って、それぞれの書き順を慎重に確認しながら上手にアルファベットを書いていました。

 

 

Picture 2

リーディングの時間には、Reading ProgramのSet.1シリーズより、フォニックスのSpeed Sounds(a-z、th、ch、sh、ng、nk)について学んでいます。

この日はDitty Sheetと呼ばれる教材を利用して、これまで学んだフォニックスのSpeed SoundsやRed Words、Green Wordsを、パートナーと指を使いながら(Fred Fingers)と読み合い復習しました。

 

 

 

 

 

 

 

Picture 3

 

また、コンピューターの授業では、マウスを正しく動かす等の一般的なコンピュータースキルを身につけた後、リーディングやライティング、算数などのプログラムを実際に使いながら学習を進めています。

(Steven and Adam)