25Jun
2020
0
Pic 1

 

Pic 2気温が上がり、真夏のように強い日差しを感じる季節となりました。そして、先月は縮小保育で園の雰囲気も普段と少し違っていましたが、6月に入ってやっとスクールにもこれまでのような子ども達の楽しそうな声が戻ってきました!

今月は『海の仲間』が学習テーマの一つということでから、Dragonflies クラスの子どもたちと「タコ」を作りました。園での制作活動が初めてという子もいましたが、みんなとても一生けんめい頑張ってくれました。

まず、タコの頭の部分を作りました。丸い紙の上に、細かく切った赤色の画用紙を白い部分が見えなくなるまで貼っていきます。まだ糊のべたべたした感触が苦手な子もいましたが、嫌がりながらも指先を上手に使いながら、ぺたぺたと頑張って貼ってくれました。なぜか真ん中にばっかり画用紙を貼ってしまう子もいましたが、先生が「ここにまだ白いところがあるね!」などと声を掛けると、白い部分を埋め尽くすように考えながら貼ろうと頑張る姿も見られました。

 

Pic 3

次に、タコの足を作りました。細く切った紙の上に目印の「・(黒点)」が書いてあり、その上に子どもたちがスタンプを押していきます。まだ2~3歳のDragonflies クラスの子どもたちにはこの簡単そうな作業がとても難しく、ちょっとしたチャレンジとなりましたが、中には私たち担任の言うことをしっかり理解してスタンプできる子もいて、その成長に私たちもすっかり嬉しくなりました。また、この春に入園したばかりの子どもたちも、先生の言うことを聞きながら頑張ってくれました。

これから1年間を通して成長し、今後は子どもたちとさらにレベルアップした制作活動ができるのを今から楽しみにしています!!

Pic 4

 

(Serena, Akari, and Anna)