31Oct
2019
0
1

 

レッスンで行っているWriting の練習も、子ども達が楽しく学べるように工夫を凝らしています。

今回は、砂を使ってAlphabetの練習を行いました。 

カラフルな砂が指先に触れる感触を感じながら文字を書く練習をします。

 

 2

 砂の上で何度も練習した文字を、今度はwork bookの紙の上で実際に書いてみます。

まずは、鉛筆の持ち方! 指先で鉛筆を引き上げ、指でしっかりと鉛筆をつかみます。鉛筆の持ち方もみんな上手になりました。 もちろん背筋をまっすぐにして書く姿勢にも気をつけます。

work bookに書くときはみんな真剣そのものです。ただ、書くだけでなく楽しく学べるように文字1つ1つに魔法の言葉が隠されています。魔法の言葉をつぶやきながら丁寧に文字を書く様子は、みんなとても真剣です。

少しぐらい線が曲がっても、大丈夫。自分が頑張って書いた文字に達成感いっぱいです。

子ども達が書くことを楽しんでくれるよう、これからも工夫を凝らしたwritingのレッスンを行いたいと思っています。

 3

 

Summer festival で、得た利益で本が好きな子ども達に色々な本、Doctor setのおもちゃ、ネジをつなげて色々な形を作れるおもちゃなどを購入し、毎日喜んで遊んでいます。特に恐竜の本は、人気で絵を見ながら友達同士会話も膨らんでいるようです。

保護者の皆様、ありがとうございました。大切に使っていきたいと思います。   Joseph & Mitsuyo